Wordpressテーマの販売やHTMLテンプレートの無料配布

WordPressでネットショップを自作!ショップ向けテーマで簡単に作る方法

2019.04.14

みなさんはネットショップ(ECサイト)を作って何かを販売したいと思ったことはありませんか?

「実店舗を持っているんだけどネットでも販売をしたい」「ハンドメイドをやっているので自分の作品を売りたい」などなど、ネットショップを作ってみたいなと思った人はけっこう多いのではないかと思います。

最近ではネットショップを開設することができるサービスが増えてきました。そういうサービスを使っている人もいると思いますが、できれば自分のドメインでサイトを作りたいと思う人も多いはず。

そこでwordpressを使ってネットショップ(ECサイト)を自作しよう!というお話です。カートのみの機能を埋め込みしてネットショップを作る方法を紹介します。

ショップ向けWordpressテーマでネットショップの作り方

これはwordpressテーマで作ったECサイトです。(デモサイトです)

ハンドメイドのスイーツデコの商品を販売しているような感じで作成しました。

新しい商品が出来た時に新着商品として商品の情報を掲載し、アピールするというもの。

ショップ向けのwordpressテーマ「Shopie」を使っています。

WordPressテーマShopieの詳細はこちら

WPテーマShopieはショップ向け・アフィリエイト向けのレスポンシブテーマです

どんなWordpressのテーマでもネットショップを作ることはできるかもしれませんが、たいていの場合、TOPページにブログの一覧が並ぶだけのテーマが多いので、ECサイトを自作するなら商品をキレイに見せることが出来るショップ向けテーマを使うといいと思います。

商品の個別ページなどを作る

商品をTOPページに並べただけでは、その商品がどんなものか伝わらないですよね。商品をアピールするためにも個別ページを作り、商品の詳細などを掲載しましょう。

その商品の詳細ページを作って、商品の写真や詳しい情報を掲載します。購入を検討してくれる人は商品の詳細を見て判断します。

「どんなデザインなのか」「どんなものでできているのか」「大きさ(サイズ)は?」「どのように使えるのか」「値段は?」などなど。

気に入ってくれれば購入してくれるでしょう^^

ショッピングカートがないと購入できない

商品を気に入ってくれたとしても購入方法がなければ買うことができません。メールのやり取りなどで取引することもできますが、ちょっと面倒ですよね。

お客さんがやり取りが面倒だと感じてしまったら購入率も下がってしまいます。

そこで「ほしい!」「買いたい!」と思った時にすぐ購入できるようにショッピングカードを設置しましょう。

外部サービスとの連携

上の方でネットショップを作ることが出来るサービスがあると書いたと思いますが、ほとんどの場合アカウントを作成してそのサービス内にショップページを作ります。

そのサービスを自分のサイトとして使う場合だったらいいのですが、自分のドメインでサイトを自由に作成したい場合、そういったサービスだと思うようなサイトが作れません。

ですが、中にはショッピングカートの機能のみを使う事ができるサービスもあるんです!自作のサイトにショッピングカートを埋め込みできちゃうんです。

先ほど紹介したデモサイトでは外部サービスと連携させてショッピングカートを設置しています。使っているサービスは「easymyshop(イージーマイショップ)」というサービスです。

easymyshop(イージーマイショップ)は無料版と有料版があるのですが、無料版でも十分なくらい便利です。

デモサイトではイージーマイショップの無料版を使ってショッピングカートの機能のみを自分のサイトに設置しています。

「カートに入れる」ボタンが押されると決済ページに移り、そこで購入できるような形になっています。

その他、外部サービスのショッピングカートを使ったほうが良い理由

購入者の管理について

実はwordpressのプラグインでショッピングカードを設置することが出来るプラグインがあります。ですが、自作した自分のサイト内でクレジットカードなどで決済してもらったり、個人情報を管理するのって怖くないですか?心配になりませんか?

例えば「お金を払ったのに商品が届かない。きちんと支払ったことになっているのか?」「あなたのところで商品を購入したらクレジット情報が流出してしまった」「個人情報が流れていろんなダイレクトメールが届くようになった」なんて言われたら・・・あとサイトのバグなどで支払い情報などが全部消えてしまったら・・・

そうならないように管理していけますか?

ですが、外部サービスなら管理がサービス側ですし、それ専門のサービスなので安心できます。責任を擦り付けるわけではありませんが、何か問題があった場合は外部サービス側の責任なので、自分はある程度安心して運営することが出来るという事です。

決済方法も豊富

ショッピングカートを設置できるプラグインの決済方法はほとんどの場合クレジットカードとPayPal(ペイパル)です。でもそれだとクレジットカードを持ってない人は購入できませんよね。そういう人はほしいと思っても断念せざるを得ないです。

でもネットショップ専門のサービスなら決済方法は豊富!

クレジットカード・PayPal・銀行振り込み・コンビニ払いなど対応しています(サービスの会社によって違いはありますが)。最近ではモバイル決済を導入しているサービスもあります。

これなら購入者の決済の選択肢が多いので購入率も高まりますよね!

当サイトに掲載された記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright 2015 HTM-WEB All Rights Reserved.